伊藤真乗

一般

伊藤真乗

いとうしんじょう

伊藤真乗(いとう しんじょう、俗名:伊藤文明(いとう ふみあき)、明治39年(1906年)3月28日 - 平成元年(1989年)7月19日)は、日本の宗教家で、在家仏教教団・真如苑開祖また真如三昧耶流の創始者である。

醍醐寺にて恵印灌頂、金胎両部伝法灌頂を法畢し、1941年大阿闍梨となる。1966年祖山醍醐寺から大僧正位を受ける。


年譜

1935.12.28 運慶作と伝わる大日大聖不動明王を勧請。

1936.02.08 伊藤真乗開祖、妻・友司と共に、宗教専従の道に入ることを決意。

1936.05.19 伊藤真乗開祖真言宗醍醐派総本山醍醐寺にて得度受戒。

1938.10.03 燈檠山真澄寺建立。

1943.03.05 伊藤真乗開祖醍醐寺にて恵印潅頂、伝法潅頂を畢え、大阿闍梨となる。

1948.04.10 智泉寮(現:智流学院)開講

1953.05.16 真如苑として文部大臣より認証を受け、本部寺院真澄寺も東京都の認証を受ける。

1956.04.02 伊藤真乗開祖、歓喜世界28号より「最後のみおしえ」を掲載開始

1957.03.18 伊藤真乗開祖接心道場のために丈6尺の大涅槃尊像を完成。

1966.11.07〜 タイ上座部のパクナム寺院より仏舎利を奉戴。

1966.07.30 世界仏教徒会議(タイ国)に伊藤真乗開祖とその妻友司が日本代表として参加。

1967.06.11〜 伊藤真乗開祖を団長として、欧州宗教交流使節団がヨーロッパ諸国を訪問。パリの仏教会、ジュネーブの世界キリスト教協議会(WCC)などを訪問。バチカンでは、パウロ6世と面会し、継続した宗教交流を合意する。

1967.08.06 伊藤真乗開祖の妻・伊藤友司が関西本部にて遷化(世寿55歳)。

1968.11.03 総本部 発祥精舎落慶涅槃尊像開眼法要。

1971.03.02 海外初の精舎ハワイアメリカ)に落慶

1984.04.24 伊藤真乗開祖醍醐寺金堂にて、弘法大師御入定一千百五十年御遠忌法要において導師を勤める。真如継主、醍醐寺にて法燈継承奉告法要執行。

1985.09.08 アジア初の精舎台北台湾)に落慶

1985.10.13 ヨーロッパ初の精舎、パリ(フランス)に落慶

1989.07.19 伊藤真乗開祖、遷化(世寿83歳)。

1997.09.11 伊藤真乗開祖の功績を顕揚する真如三昧耶堂が真言宗醍醐派総本山醍醐寺落慶

1998.05.15 海外初の斉燈護摩をロンドンイギリス)にて奉修。

1999.05.30 海外初の水施餓鬼廻向法要、灯籠流しを奉修。

2006.03.25 開祖生誕100年を記念し、応現院落慶

2006.08.20 開祖生誕100年を記念し、開祖の作品を紹介する『伊藤真乗の目と手』展を開催。東京など全国5都市を巡回。

2007.09.30 パリ(フランス)にて済摂会法要、厳修。

2008.02.21〜 開祖の作品を紹介する『The Vision and Art of Shinjo Ito』の海外巡回展、開始。

セント・ピーター教会にて、済摂会法要、厳修。