スマートフォン用の表示で見る

伊藤典夫

読書

伊藤典夫

いとうのりお

翻訳家、評論家、アンソロジスト。1942年生まれ。

浅倉久志と並ぶ、日本最強のSF翻訳家

SFマガジン』誌上に連載していたSFスキャナーにおいて多くの海外SFを日本に紹介。(翻訳活動も含めた)後の日本のSFシーンに多大な影響を与える。

また、カート・ヴォネガットの翻訳に際して採用した文体は、村上春樹にも影響を与えたといわれる。

一時、活動を休止していたが、1996年に『アインシュタイン交点』(サミュエル・R・ディレイニー)の出版で復活。



関連

リスト::SF作家