スマートフォン用の表示で見る

伊豆東部火山群

地理

伊豆東部火山群

いずとうぶかざんぐん

[英文表示] Izu-Tobu Volcanoes

伊豆東部火山群は、伊豆半島東部地域に密集する玄武岩流紋岩質の多数のスコリア丘・タフリング・マール・溶岩ドームなどの小火山体と、それにともなう溶岩流・降下火砕物・火砕流火砕サージ・ラハール堆積物(東伊豆単成火山群)、ならびにこれらの東方海域に密集する多数の海底火山(東伊豆沖海底火山群)の総称。

日本に110ある活火山の一つで、気象庁における常時観測火山に指定されている。

概要

陸上部分については玄武岩安山岩質火山のうち最大のものは大室山、デイサイト〜流紋岩質火山のうち最大のものはカワゴ平である。

海底火山群については火山数、岩石の種類、活動年代等不明なことが多い。

火山群は、この地域の広域応力場を反映して、北西〜南東へ並ぶ配列がいくつも重なっている。玄武岩流紋岩のSiO₂量は48.3〜73.0wt.%である。

この地域では、1930年群発地震が発生して以降、しばらく活動を休止していたが、1970年代後半頃より群発地震活動が再開し、1989年7月には、群発地震とともに伊東市沖の手石海丘で有史以来、初めての噴火があった。

過去1万年間の噴火活動

大室山が約4000年前の噴火で形成された。

その後約3200年前には、この地域ではじめての流紋岩質マグマがカワゴ平から噴出し、北方へ火砕流を流すと同時に軽石・火山灰を西方に降らせた。

約2700年前には岩ノ山−伊雄山火山列で割れ目噴火が生じた。

1989年7月13日、伊東湾の手石海丘で海底噴火が発生し、手石海丘と命名された。マグマ噴出量は0.00004DREkm³。