伊方原発 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

伊方原子力発電所

いかたげんしりょくはつでんしょ

愛媛県西宇和郡伊方町にある四国電力原子力発電所四国唯一の原子力発電所

加圧水型軽水炉3基で構成されており、出力は計約200万キロワット。四国全体の4割の電力使用量を賄える。

最も古い1号機の運転開始は1977年

3号機は2010年3月1日、国内2例目のプルサーマル試運転を開始、国の検査を経て、30日から営業運転を開始。

2012年1月13日、 2号機が定期検査のため送電を停止。福島第一原発事故に影響で、既に定期検査が終了しているものの、運転再開の目途が立たない1号機、3号機を含め、すべての送電が停止された。

諸元

1号機

出力:56万6000KW

原子炉:加圧水型軽水炉(2ループ)

燃料:低濃縮二酸化ウラン

運転開始:1977年9月30日

2号機

出力:56万6000KW

原子炉:加圧水型軽水炉(2ループ)

燃料:低濃縮二酸化ウラン

運転開始:1982年3月19日

3号機

出力:89万KW

原子炉:加圧水型軽水炉(3ループ)

燃料:低濃縮二酸化ウランウランプルトニウム混合酸化

運転開始:1994年12月15日