異常天候早期警戒情報

一般

異常天候早期警戒情報

いじょうてんこうそうきけいかいじ

異常天候早期警戒情報とは、気象庁が発表する気象情報の一つ。地方ごとに発表される。2008年からスタート。

発表地域の7日平年差をかなり変動させるような異常な高温や低温(7日平均気温が「かなり高い」または「かなり低い」となる確率が30%を超えると予測した場合)が5〜14日先に現れると予想される場合、早期に警戒を呼び掛けるために発表される。気温のみを対象。