スマートフォン用の表示で見る

異性化糖

サイエンス

異性化糖

いせいかとう

でんぷん加水分解して得られたぶどう糖の一部をイソメラーゼという酵素等で果糖に変えた(異性化した)もの。 異性化液糖には、果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が50 %未満の「ぶどう糖果糖液糖」、50 %以上90 %未満の「果糖ぶどう糖液糖」、90 %以上の「高果糖 液糖」がある。砂糖はぶどう糖果糖が結合した物質だが、異性化液糖はぶどう糖果糖の混合物という違いがあるが、果糖の強い甘さとぶどう糖のクールな甘さが調和し、また低温で甘味を強く感じさせる性質があるため、砂糖に替わる甘味料として清涼飲料や乳酸菌飲料、冷菓等に使用されている。 ただ、甘味や1g 当たりの熱量は砂糖も異性化液糖中のぶどう糖果糖もほとんど変わらない。