スマートフォン用の表示で見る

異体字

一般

異体字

いたいじ

標準の字体と同じ意味・発音を持つが、表記に差異がある文字のこと。

手書きによる個人差から生じたもの、新字・旧字(簡体・繁体)の違いによるものがある。

字によっては機種依存文字だったり、Web上の表記に文字参照が必要だったりするので注意。

異体字の例

    • (いわゆる「はしごだか)
    • 𠮷(いわゆる「つちよし」)
    • (いわゆる「たつさき」)
  • 辺(渡辺の「辺」)
    • (ほか多数)
  • 斉,斎(斉藤,斎藤の「斉」「斎」)
    • (ほか多数)
    • (ほか多数)
  • 橋(高橋の「橋」)
    • (ほか多数)