スマートフォン用の表示で見る

維新政党・新風

社会

維新政党・新風

いしんせいとうしんぷう

復古主義的な政策を掲げる日本の極右政党*1。略称は新風

概要

戦後体制を否定し、日本国憲法無効論に基づく大日本帝国憲法の復元*2、ひいては天皇を中心とした政体(国体)への回帰を目指している。

個別政策にも家制度や教育勅語歴史的仮名遣の復活など復古色の強いものが並んでいる*3軍事面でも自衛隊の国軍化、兵役義務の復活、早急な核武装などタカ派色を強く打ち出しているが、新右翼の流れを汲んでいることもあって、外交面ではアメリカと距離を置き、アジアを重視する姿勢を示している。ただし鈴木信行現代表の就任後は韓国との国交断絶を主張するなど、嫌韓色を前面に押し出す方針にシフトしている。

98年・01年・04年・07年と4回連続で参院選に公認候補を擁立し、国政進出を図ったがいずれも惨敗を喫した*4。党員資格を有する地方議員が若干名いるものの*5、現時点での政治への影響力はほぼ皆無と言わざるを得ないのが実情である。

また00年代前半になって右派系ネットユーザー(ネット右翼)がネット上で台頭すると、右派色の強い主張や政策が彼らの支持を集めるようになり、特に07年の参院選時にはネット上の各所で新風への投票呼びかけが行われたほどだったが、09年頃から徐々に「在日特権を許さない市民の会」(在特会)を始めとする「行動する保守」勢力や、「my日本」などの右派SNSコミュニティに注目を奪われてしまい、現在ではネット上で話題に上ることも少なくなっている。近年は嫌韓色を前面に押し出すことで在特会などとの共闘を進め、ネット右翼層からの支持回復を目指している。

基本データ

「行動する保守」との関係

新風の党員・元党員が上述した「行動する保守」団体の幹部を務めているケースがしばしば見られる。これは06年11月に発足した*6新風勝手連組織「新風連」が「行動する保守」の源流の一つとなったためである。

このことから新風が「行動する保守」の総元締であるかのように扱われることもあるが、新風連メンバーの多くは政党としての新風を支持しつつもその指揮下を離れて独自の活動を展開しており、新風の影響力は限定的なものに留まっている。

氏名所属団体(役職)新風での役職
瀬戸弘幸外国人犯罪追放運動最高顧問元副代表
有門大輔外国人犯罪追放運動(理事長)東京都本部広報委員長
西村修平主権回復を目指す会(代表)千葉県本部代表
村田春樹外国人参政権に反対する会東京(代表)国民運動委員
金友隆幸攘夷運動 排害社(元代表)東京都本部世田谷支部長
古川英敏草莽愛知実行委員会(代表)愛知県本部名古屋支部長
八木康洋在日特権を許さない市民の会(筆頭副会長)茨城県本部事務局長・青年部長
岩橋未子在日特権を許さない市民の会(元副会長)愛知県本部副代表
西村斉在日特権を許さない市民の会(元京都支部長)京都府本部街宣班長

*1法律上は政治団体

*2国会の過半数の同意を得て日本国憲法の失効決議を行い、大日本帝国憲法を復活させた上で、帝国憲法の基本思想を踏襲しつつ一部を現代に適応するよう改めた帝国憲法改正案を成立させるという形式をとる。

*3:党として歴史的仮名遣を推奨しているため、党ホームページや機関紙「新風」の記事にも歴史的仮名遣で書かれたものが多い。

*4:10年は資金難から出馬することすらできなかった。

*5:ただし全員が無所属または他党公認で当選しており、新風公認で当選した議員は一人もいない。

*6:09年9月から12年12月までは活動を休止していた。