衣巻省三

読書

衣巻省三

きぬまきせいぞう

1900-1978

大正ー昭和時代の詩人小説家兵庫県神戸市出身。早稲田大学中退。

明治33年2月25日生まれ。関西学院中学時代に同級生の稲垣足穂佐藤春夫門下に入る。大正13年、詩「春のさきがけ」「銀の小魚」を発表。昭和10年、小説「けしかけられた男」で第1回芥川賞候補となる。詩集に『こわれた街』(詩之家出版部、1928年)『足風琴』(ボン書店、1934年)など。