スマートフォン用の表示で見る

違憲

社会

違憲

いけん

憲法に違反していること。

憲法がその国の最高法規である場合*1、すべての法律・命令(政令など)・規則・処分その他は、憲法に違反してはならず、法が違反している場合、原則としてその法は無効とされる(なお、事情判決の法理および、個別的効力説を参照)。

日本では、裁判所がこれらを判断する権限(違憲立法審査権)を持っており、最高裁判所がその最終的な決定権を持つと日本国憲法憲法第81条)で定められている。このため、最高裁判所は「憲法の番人」とも呼ばれる。

一票の格差」問題においては、最高裁の判断は、著しい不平等状態にあると「違憲状態」、それがさらに合理期間内に是正されなければ「違憲」とされる。

*1:各国での扱いが不明な為、このように記しておく。