医心方

サイエンス

医心方

いしんぼう

現存する日本最古の医学書。平安時代宮中医官である鍼博士の丹波康頼撰による書物である。