スマートフォン用の表示で見る

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

社会

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

いやくひんいりょうききとうのひんしつゆうこうせいおよびあんぜんせ

日本の法律

(昭和三十五年八月十日法律第百四十五号)

2014年(平成26年)11月25日の「薬事法等の一部を改正する法律(平成二十五年法律第八十四号)」の施行により、これまでの「薬事法」から改名した。

   第一章 総則

(目的)

第一条
この法律は、医薬品医薬部外品化粧品医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。

(国の責務)

第一条の二
国は、この法律の目的を達成するため、医薬品等の品質、有効性及び安全性の確保、これらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止その他の必要な施策を策定し、及び実施しなければならない。


以下、略