医用画像処理

サイエンス

医用画像処理

いようがぞうしょり

臨床(病気の診断および検査)や医学解剖学的研究)のために人体(およびその部分)の画像を創りだす技法や過程のこと。

人間に限らず「生体画像処理」の一部であり、放射線医学内視鏡検査、サーモグラフィー、医用写真撮影、顕微鏡検査などとも密接に関連する。本来、画像を生成するよう設計されていなかった測定手法や記録手法(脳波や脳磁図)も一種の地図のように表せるデータを生成することから、医用画像処理の一形態と見ることもできる。画像診断学(放射線診断学)において扱う医用画像には、単純X線画像、CTMRI超音波断層画像(US)、血管造影(血管撮影)などがある。