スマートフォン用の表示で見る

井上光貞

一般

井上光貞

いのうえみつさだ

一九一七年(大正六年)、東京に生まれる。明治の元勲井上馨の曾孫。桂太郎の外孫にあたる。四十二年(昭和十七年)、東京帝国大学文学部国史学科卒業後、『帝室制度史』の編纂に従事。五十年、東京大学教養学部助教授、六一年、文学部助教授、六七年に教授となり、七八年に退官。東京大学名誉教授。八一年、国立歴史民族博物館初代館長に就任。専攻は日本古代社会思想史。編者は多彩で『日本古代史の諸問題』『日本浄土教成立史の研究』『日本国家の起源』『大化改新』など。主著は『井上光貞著作集』(全十一巻)に収録されている。

一九八三年(昭和五八年)二月。逝去。

リスト::学者::人文科学