井上真二

スポーツ

井上真二

いのうえしんじ

プロ野球読売ジャイアンツの選手。

右投右打、ポジションは外野手背番号は52番。

1966年7月12日生まれ。熊本県出身。

熊本工高から1984年ドラフト5位で読売ジャイアンツに入団。

1988年、一軍に上がると主に守備固めで出場、強肩の外野手として知名度が上がる。

1989年、藤田元司監督の下、外野手の定位置を掴み、主に2番打者として出場。

リーグ優勝日本一に貢献した。

熊本工時代の二年後輩である緒方耕一とは、熊工コンビと呼ばれるほどメディアから大きく取り上げられ、

とりわけ若い女性から人気があった。

しかし1992年以降、怪我に泣き出場機会が減少。

1997年現役引退


1998年、読売ジャイアンツの二軍打撃コーチに就任。

指導力には定評があり、3度の監督交代時にもコーチとしてチームに留まった。