一億総ツッコミ時代

読書

一億総ツッコミ時代

いちおくそうつっこみじだい

槙田雄司(マキタスポーツ)による著書。

講談社より2012年9月26日刊行。

概要

ツイッターで気に入らない発言を罵倒し、ニコ生でつまんないネタにコメントし、嫌いな芸能人のブログ炎上させる。ネットで、会話で、飲み会で、目立つ言動にはツッコミの総攻撃。自分では何もしないけれど、他人や世の中の出来事には上から目線で批評、批難―。一般人がプチ評論家、プチマスコミと化した現代。それが「一億総ツッコミ時代」だ。動くに動けない閉塞感の正体はこうした「ツッコミ過多」にある。「ツッコミ」ではなく「ボケ」に転身せよ。「メタ」的に物事を見るのではなく「ベタ」に生きろ。この息苦しい空気を打破し、面白い人生にするために!異才・槇田雄司(マキタスポーツ)による現代日本への熱き提言。

一億総ツッコミ時代 (星海社新書)

一億総ツッコミ時代 (星海社新書)

世の中ツッコミが多すぎる、ボケで行こうよ『一億総ツッコミ時代』 - エキレビ!(1/4)