スマートフォン用の表示で見る

一宮

地理

一宮

いちのみや

平安時代から鎌倉時代初期にかけて整った、社格の一種。公的に指定されたものではなく、自然と生じた神社の序列において最上位にあるもの。別表記として「一の宮」や「一ノ宮」がある。

以下のように、地名に残っている例が多い。国の一宮だけでなく、より狭い地域(郡、郷など)やある神社の摂末社において最も序列の高い神社一宮と称したものもある。

町名としての一宮

  • 全国各地に「一宮」の地名は多くある。

千葉県長生郡一宮町と、愛知県宝飯郡一宮町がある。

愛知県宝飯郡一宮町は平成18年2月1日に愛知県豊川市合併予定である。


読みについて

  • 「いちみや」と呼ぶ地方もあるようです