スマートフォン用の表示で見る

一向一揆

社会

一向一揆

いっこういっき

一揆の一種。一向宗浄土真宗)の信徒が起こした物。

戦国時代に頻発。加賀国や三河国、伊勢長島のものなどが特に大規模であり、特に1488年の加賀一向一揆では守護の富樫氏を討ち、以後90年に渡る門徒支配が行われた。

天下布武を目指す織田信長にとっての「最強の敵」であったが、最終的には敗北。