スマートフォン用の表示で見る

一条兼定

一般

一条兼定

いちじょうかねさだ

一条房冬の子、権中納言土佐国司。正室は大友義鑑娘。

天文18年(1549年)父の死により家督を継ぐ。

天正2年(1574年)家臣により豊後へ追放される。この際洗礼を受ける。

天正3年(1575年)大友氏の援助を得て旧領回復を図るが、渡川の戦いで長宗我部に惨敗する。

天正13年(1585年)、伊予宇和島の戸島にて、病死または暗殺されたと言われる。

なお、内政(1561年〜1580年)は宇都宮豊綱の娘との子。