スマートフォン用の表示で見る

一色伸幸

映画

一色伸幸

いっしきのぶゆき

脚本家

1960年2月24日生まれ。東京都出身。大学を中退し、松竹大船撮影所で助監督、プロットライターを務めた後、1982年火曜サスペンス劇場松本清張の脊梁」で脚本家デビュー(このときは古田求と共同脚本)。その後、アニメミームいろいろ夢の旅」「宇宙船サジタリウス」やTVドラマ「ハーフポテトな俺たち」などを経て、活躍の場を映画の世界に移す。「彼女が水着にきがえたら」「波の数だけ抱きしめて」などホイチョイ・プロダクション製作映画の脚本を手掛け、「病院へ行こう」と「僕らはみんな生きている」で、それぞれ「日本アカデミー賞優秀脚本賞」を受賞。現在は鎌倉在住で、映画のほか、漫画やゲームの原作も手がけている。

余談だが、「『僕らはみんな生きている』は個人的には『サジタリウス』の実写版のつもり」だったそうだ。*1

90年代後半からうつを発症し、回復後2007年に「うつから帰って参りました」を刊行。2008年1月18日TBSR30」に出演し、うつの体験を語った。


主な参加作品

*1:「宇宙船サジタリウスDVD-BOX1解説書、に収録されている一色伸幸のコラムより