スマートフォン用の表示で見る

一定の評価

一般

一定の評価

いっていのひょうか

政治家などが好む独自見解を示す反論フレーズ。『ある一定の評価』と言うべきところの‘ある’を省いている。

一定の評価』は【一定する評価】なので、「一つの水準に固定された評価」というのが本来の意味だが、「ある意味で一つの評価が定まる」という‘ある’を加味した意味になっている。

「ある程度」を「一定程度」のように、「ある」を「一定」に言い換える表現は、全共闘活動家が使い始めたという説がある。(URL参照)