一般旅客定期航路事業

一般

一般旅客定期航路事業

いっぱんりょかくていきこうろじぎょう

一般旅客定期航路事業とは、一定の航路に旅客船*1を就航させて、一定の日程表に従って人の運送をする旨を公示して行う事業のこと*2海上運送法に規定されている*3

一般旅客定期航路事業を営もうとする者は、航路ごとに、航路の拠点を管轄する地方運輸局長の許可を受けなければならない。

*1:13人以上の旅客定員を有する船舶

*2:本邦の港と本邦以外の港との間又は本邦以外の地域の各港間における運送をするもの及び特定の者の需要に応じ、特定の範囲の人の運送をするものを除く

*3:2条5項によれば、「『一般旅客定期航路事業』とは、特定旅客定期航路事業以外の旅客定期航路事業をいい、『特定旅客定期航路事業?』とは、特定の者の需要に応じ、特定の範囲の人の運送をする旅客定期航路事業をいう」とある