稲垣美晴

読書

稲垣美晴

いながきみはる

1952年1月30日、東京生まれ。翻訳家エッセイスト、出版社「猫の言葉社」代表。

学生時代、舘野泉ピアノに魅了され、1976年夏、初めてフィンランドに渡る。

東京藝術大学美術学部芸術学科の卒業論文のテーマに、フィンランドの画家アクセリ・ガッレン=カッレラの『カレワラ』作品を選び、その研究に対しフィンランド文部省より奨学金を受ける。なお、坂本龍一芸大の同期で、友人だった。

芸大卒業後、ヘルシンキ大学でフィンランド語を学び、帰国後、新聞・雑誌・TV・ラジオなどでフィンランド文化を紹介。

フィンランドに関する著書3冊。訳書多数。

1995〜2007年、東海大学文学部北欧学科非常勤講師

2008年4月に、フィンランド文学専門の出版社「猫の言葉社」を創設。