スマートフォン用の表示で見る

稲生物怪録

読書

稲生物怪録

いのうもののけろく

三次藩藩士稲生武太夫が十六歳の少年で平太郎と呼ばれたころ、旧暦7月、平太郎の屋敷に三十日間にわたって老女の大首や一つ目など、さまざまな化け物が出没する、平太郎少年は妖怪を次々と退け、最後は妖怪魔王から木づちをもらう、という妖怪談である。

一カ月もの間、妖怪が出続けるという内容は特筆すべきところ。幽冥界・神仙道研究の始祖である江戸国学者平田篤胤が研究人生の最後に挑んだのもこの『稲生物怪録』である。


振り仮名について

田中貴子の指摘によれば「稲生物怪録」は「いのうぶっかいろく」がただしく、「もののけ」とは読まないのが正しいとのこと。田中の著書『鏡花と怪異』の240ページ。

ちなみに、ほとんどの人は「いのうもののけろく」と読んでいるが、『国書総目録』では「いのうぶっかいろく」として見出しがあげられている。「物怪」が「もののけ」と読めないことはすでに森正人の指摘があるので、「ぶっかいろく」と音読みすべきだろう

ただし、写本によって「もののけ」となっていたり、「ぶっかい」となっていたりするという。

また、こちらも参照(http://d.hatena.ne.jp/kuzan/20070513/1179060253)。

だが田中が「もののけ」と読めないという根拠にしている森正人論文は中古・中世についてのもので、近世に当てはめることは出来ない。志村有弘諏訪春雄編『日本説話伝説大事典』(勉誠出版、2000)には、田中美絵の執筆で「稲生物怪録」の項目がたち「いのうもののけろく」とあって、「いのうぶっかいろく」とも、とある。「ぶっかい」が正しいと断定することはできないと言うべきだろう。