稲倉魂命

一般

稲倉魂命

いなくらたまのみこと

稲倉魂命は、稲荷神社に祀られる神。

須佐之男命大山津見神の娘・神大市比売命との間の御子として大年神とともに生れた稲の神。

また、『日本書記』に、伊弉諾尊が飢えて気力の無い時に生んだ子・倉稲魂命とあり、 「此云宇介能美拕磨」とあって、宇迦之御魂神と同神とされている。

宇迦之御魂神は稲の精霊神だが、穀物の神としては他に、 保食神・大気比売神、登由宇気神(豊受大神)、豊宇賀能売神、若宇加能売神、御食津神などがあり、 これら神々を同神と考える場合も多い。。

稲荷神とも同神と考えられ、また白蛇の姿で財宝神とも考えられた。 また、宇賀神として弁才天とも習合した。

宇迦之御魂神稲荷大神とも呼ぶが、伏見稲荷大社では、 宇迦之御魂大神佐田彦大神大宮能売大神田中大神四大神の五柱で、稲荷大神としている。