スマートフォン用の表示で見る

稲葉山

地理

稲葉山

いなばやま

戦国時代美濃の国を治めていた大名、斎藤道三の居城があった城下町

のちに織田信長によって占領されたところで現在の地名の元となった「岐阜」に改められた。

山としての稲葉山は、現在、金華山(きんかざん)と呼ばれている。

稲葉山」と書いて「葉山」にミスヒットしてしまうのを防止するためのガードキーワードです。