スマートフォン用の表示で見る

稲葉正休

社会

稲葉正休

いなばまさやす

日本の江戸時代前期の旗本

貞享元年(1684年)、江戸城中で恨みがあったとされる老中の堀田正俊を殺傷した。稲葉正休はその後、その場で殺された。