スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

引退試合

いんたいじあい

スポーツ選手、監督などが引退するにあたり、功績を称えて行われる特別試合。

公式試合以外の場合が多いが、公式戦中に行う場合もある。


日本プロ野球界の引退試合

野球協約に定める非公式試合と準ずる試合、現役として最終試合の公式試合に大別される。

野球協約に定める引退試合

1975年までは、引退試合について野球協約で正規に定められていた。*1

1975年10年選手制度が廃止されたために条文が削除された。

この規定が適用された選手は次の12名。

選手名球団試合日球場相手球団観客数内容
千葉茂近鉄バファロー1959.2.28日生球場巨人25000一塁コーチのみ。
藤村富美男阪神タイガース1959.3.2甲子園球場巨人30000途中一塁手、一邪飛。
西沢道夫中日ドラゴンズ1959.3.15中日球場南海30000一塁手で先発、三振。
大下弘西鉄ライオンズ1960.3.1平和台球場大毎8000代打で中飛、その後右翼手
服部受弘中日ドラゴンズ1960.3.20中日球場大毎12000代打で右飛。
川崎徳次西鉄ライオンズ1962.3.5平和台球場巨人6000一塁コーチのみ。
別所毅彦読売ジャイアンツ1962.3.20後楽園球場西鉄12000先発で1回無失点。
飯田徳治?国鉄スワローズ1965.3.27横浜球場南海7000途中一塁手三塁打
金田正一読売ジャイアンツ1970.4.2後楽園球場ヤクルト35000途中1回、無安打
杉浦忠南海ホークス1971.3.25大阪球場巨人25000途中特別回に登板、長嶋茂雄安打
村山実阪神タイガース1973.3.21甲子園球場巨人48000途中1回、3者三振。
川上哲治読売ジャイアンツ1975.3.23後楽園球場阪神5000077番で一塁コーチ、16番で代打、右飛。

以降、引退試合は、選手契約を解除後のオープン戦などにおいて、非公式に行われている。*2

選手名球団試合日球場相手球団観客数内容
高木守道中日ドラゴンズ1981.3.29ナゴヤ球場阪急350002番二塁手で先発、三振。
木俣達彦中日ドラゴンズ1983.3.6ナゴヤ球場日本ハム33000代打で右飛。
星野仙一中日ドラゴンズ1983.4.3ナゴヤ球場阪急35000先発で登板、福本豊に中安打
大杉勝男ヤクルトスワローズ1984.3.24神宮球場巨人30000代打で三ゴロ併殺打
田淵幸一西武ライオンズ1985.3.24西武球場ヤクルト30000本塁打競争で4本、代打で三振。
鈴木啓示近鉄バファローズ1986.3.16藤井寺球場阪神32000途中登板で掛布雅之から奪三振
松岡弘ヤクルトスワローズ1986.3.26神宮球場巨人28000途中登板で中畑清から奪三振
谷沢健一中日ドラゴンズ1987.4.5ナゴヤ球場阪急350003番一塁手で先発、本塁打
山本浩二広島東洋カープ1987.4.5広島市民球場近鉄300004番中堅手で先発、2打数1安打
江川卓読売ジャイアンツ1988.3.18東京ドーム阪神56000試合前に掛布雅之に1球、空振
衣笠祥雄広島東洋カープ1988.3.27広島市民球場ヤクルト200004番三塁手で先発、2打席凡退。
山田久志阪急ブレーブス1989.3.12西宮球場巨人30000先発で1回無失点・2奪三振
福本豊阪急ブレーブス1989.3.12西宮球場巨人300001番中堅手で先発、二ゴロ。
若松勉ヤクルトスワローズ1990.3.22神宮球場巨人380002番左翼手で先発、遊ゴロ。
鈴木孝政中日ドラゴンズ1990.4.1ナゴヤ球場オリックス30000先発で松永浩美を三ゴロ。
小松辰雄中日ドラゴンズ1995.3.26ナゴヤ球場オリックス24000途中イチローと対戦、二塁打
郭源治中日ドラゴンズ1997.3.18ナゴヤドームオリックス40500先発で登板、イチローと対戦、中飛。
大石大二郎近鉄バファローズ1998.3.14大阪ドームヤクルト460001番二塁手で先発、遊ゴロ。
宣銅烈中日ドラゴンズ2000.3.9ナゴヤドーム巨人20000試合前に松井秀喜と対戦、一安打
今中慎二中日ドラゴンズ2002.3.23ナゴヤドームオリックス18000始球式谷佳知と対戦、奪三振
大豊泰昭中日ドラゴンズ2003.3.2ナゴヤドーム横浜38000試合前に中学生と対戦、中越打。
岩本勉北海道日本ハムファイターズ2006.3.5札幌ドーム千葉ロッテ9046先発で登板、堀幸一に左安打

公式戦における引退試合・引退セレモニー

現役として最終試合に行われる。期日を決めて行われ、シーズン終盤の消化試合に行われる場合が多い。

引退セレモニーの場合は、引退後のファン感謝デーやオープン戦で行われる場合が多い。

1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2011年
2012年


Jリーグの引退試合

Jリーグ規約に定める非公式試合と準ずる試合、現役として最終試合の公式試合に大別される。

Jリーグ規約に定める引退試合

Jリーグ規約第72条に定められている。1試合限りの選抜チームを結成して行う事が多い。

対象者
  1. 公式試合および天皇杯全日本サッカー選手権大会において通算500試合以上の出場実績を達成した選手
  2. Jリーグで活躍し,Jリーグの発展に著しく貢献した選手
選手名クラブ試合日競技場試合概要備考
木村和司横浜マリノス1995.7.30三ツ沢球技場横浜マリノスOBvsヴェルディ川崎OBJリーグ初の引退試合
ラモス瑠偉ヴェルディ川崎1999.8.23国立競技場読売ラモスオールスターズvsJリーグ選抜 
福田正博浦和レッズ2003.6.15埼玉スタジアム浦和レッズvsレッズ歴代選抜 
北澤豪東京ヴェルディ19692003.6.21国立競技場ヴェルディオールスターズvsJオールスターズ 
井原正巳浦和レッズ2004.1.4国立競技場Jリンク*8vsIキャップ*9前半はIキャップ、後半はJリンクとして
澤登正朗清水エスパルス2007.1.21日本平スタジアムエスパルスオールスターズvsジャパンオールスターズ前半はエスパルス、後半はジャパンとして
本田泰人鹿島アントラーズ2007.7.29カシマサッカースタジアム鹿島OBvsV川崎OB1993チャンピオンシップの再現
城彰二横浜FC2008.1.27三ツ沢球技場横浜FCオールスターズvsJO DREAMS*10 
三浦淳寛横浜FC2013.11.4ニッパツ三ツ沢球技場横浜フレンズvsAtsuフレンズ 
波戸康広横浜F・マリノス2014.1.18ニッパツ三ツ沢球技場マリノスAll Starsvs波戸Friends 

準ずる試合

選手名クラブ試合日競技場試合概要備考
永山邦夫横浜F・マリノス2005.3.13横浜国際総合競技場横浜F・マリノスOBvs横浜F・マリノスユース 
柳想鐵
安永聡太郎
横浜F・マリノス2006.10.29マリノスタウン横浜マリノスOBvs静岡県連合スターズ

引退選手感謝試合

2003年8月10日、長居スタジアムで行われた「サッカーフェスタin長居」において、Jリーグ選手協会による「昨年度引退選手感謝試合」と題して、2002年度の引退選手を集めた「JリーグOBオールスターズ」とエルマーノ大阪?の試合を行った。

出場選手は以下の通り。なお、本並・渡辺両名は特別参加。

GK
本並健治(東京ヴェルディ1969)
DF
公文裕明(横浜FC) 渡辺一平(同) 藤崎義孝(アビスパ福岡) 飯島寿久(同) 松田悦典?(サガン鳥栖) 関本恒一?(同)
MF
中村伸?(ベガルタ仙台) 岩瀬健(大宮アルディージャ) 田坂和昭(セレッソ大阪) 小島光顕(アビスパ福岡) 北内耕成(サガン鳥栖) 大榎克己(清水エスパルス)
FW
有馬賢二(横浜FC) 上村崇士(ジェフ市原) 浦田尚希?(ヴァンフォーレ甲府) 中島礼司?(同)

公式戦等における引退試合・引退セレモニー

現役として最終試合に行われる。期日を決めて行われ、消化試合あるいは天皇杯全日本サッカー選手権大会内で行う事が多い。

引退セレモニーは現役最後のホームゲーム後に行う場合が多いが、プレシーズンマッチやファン感謝デー内で行う場合もあり。

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年

日本プロボクシング界の引退試合

正式引退後に、エキシビションマッチとして引退式を兼ねて行われる事が多い。

エキシビションマッチとしての引退試合

公式戦としての引退試合

*1:「顕著な功績をもつすべての10年選手は所属クラブとの合意に基づき、かつ最終的に現役を引退するにさいし、希望する地域において毎年11月15日以後エキシビションゲームとして引退試合を主催し、その収益金を取得することができる。」

*2:非公式試合において中日ドラゴンズの選手が多く見られる理由としては、「中日ドラゴンズに在籍し、タイトルを獲得した選手には引退試合を行う」という内規があるためである。よって、中日生え抜き生え抜きに近い選手が公式戦で引退試合を行うケースは無い。

*3:2005年にオリックス監督として復帰。球団合併など不測の事態であったため。

*4:後日引退を撤回、中日ドラゴンズに移籍。

*5:引退セレモニーポストシーズンまで現役続行。

*6:本来は3月12日のオープン戦後に予定されていたが、前日に東日本大震災が発生し試合が中止されたために延期された。

*7:この試合でオリックス西勇輝ノーヒットノーランを達成。引退試合ノーヒットノーランはおそらく史上初。

*8横浜M磐田浦和選抜

*9:代表選抜

*10:1996年アトランタ五輪・1998年W杯出場選手が中心

*11:引退セレモニー天皇杯まで現役続行。

*12:引退セレモニー天皇杯まで現役続行。

引退試合
目次