スマートフォン用の表示で見る

陰謀論

一般

陰謀論

いんぼうろん

世の中の動きの背後に何者かの意思があるという世界観。陰謀理論

強大な権力をもつ集団(政府大企業宗教など)がある意図をもって世界を操っているとするものが多くを占めている。

歴史上の事件の不明瞭な背景を説明するためや、不都合な組織に対する攻撃、プロパガンダや、都市伝説の背景を説明するときにも使われる。

陰謀論の本質は、偏見に基づき誰かに問題の責任を仮託する、または自分を正当化しようとする点にある。そのため陰謀論は基本的に反証が不可能であり、反論すればするほど陰謀論を補強する「証拠」とされることがある。また、結論ありきで論を進めることが多い。

陰謀論を信じる者にとって、「○○は××の陰謀である」というアイデアは、何の検証もなしに即座に「事実」として認識される傾向がある。そのためある事象について陰謀論を唱える人々の間でも細部は一定せず、それどころか一人の人物の各論が互いに矛盾することさえ珍しくない。