スマートフォン用の表示で見る

隠し球

スポーツ

隠し球

かくしだま

野球用語。野球におけるプレーの一つ。

走者が塁にいる際に、野手がボールを隠し持つ行為を指す。

広義では、ボールを隠し持った野手がリードなどで塁を離れた瞬間走者にタッチし、アウトにする行為を指す。


走者の意表を突くため、隠し球は「卑怯である」と言われがちであるが、規則上は何ら問題が無い。

また、走者の注意力の問題であり、遭う方が非難される。

隠し球が行われている場合一塁コーチ・三塁コーチやベンチが指示するのでまず露呈される。

日本プロ野球界では、大下剛史が大成し、その薫陶を受けた木下富雄や、立石充男が得意とした。

近年では元木大介が得意とした。


現役では、佐伯貴弘種田仁が得意としている。