スマートフォン用の表示で見る

隠れキリシタン

一般

隠れキリシタン

かくれきりしたん

江戸時代徳川家光によるキリシタンキリスト教)禁止令の後に仏教徒を装って信仰を守り続けたキリシタン信者のこと。明治政府キリスト教を事実上解禁する1873年まで隠れキリシタンは隠れて信仰していた。潜伏キリシタンの多くはキリスト教解禁後はカトリック教会に復帰したが、長崎県五島列島の一部や生月島の一部などの地域では今でも隠れキリシタン時代の独自の信仰形式でカトリック教会に復帰せずに信仰を続けている。