宇高連絡船

地理

宇高連絡船

うこうれんらくせん

岡山県の宇野駅と香川県の高松駅を結んでいた鉄道連絡船。国鉄1987年からはJR四国)が運営した。

1910年の開設から1988年の瀬戸大橋開通まで、本州と四国を結ぶ重要な役割を果たした。航路自体は瀬戸大橋開通後も高速艇による営業が継続されたが、それも1990年には休止、翌年正式に廃止となった。

宇野・高松間の航路では、民間会社3社によるフェリーが運行されている。