スマートフォン用の表示で見る

宇佐八幡宮神託事件

社会

宇佐八幡宮神託事件

うさはちまんぐうしんたくじけん

神護景雲3年(769年)9月25日称徳天皇輔治能清麻呂(和気清麻呂)とその姉・法均を讒言の罪で処罰したことについて、道鏡天皇位を得ようとしたとされる事件。称徳天皇自身の詔では讒言の内容は語られていない。

なお、戦前教育において道鏡が異国の宗教仏教を広めたのみならず皇位簒奪を企てた大悪人とされていた経緯から一般に皇位簒奪事件として知られているが、『続日本紀』他の道鏡称徳天皇の扱い方は作為的であり、そもそも道鏡皇位簒奪の意思があったかどうか議論がある。

続きを読む