スマートフォン用の表示で見る

宇佐美龍夫

サイエンス

宇佐美龍夫

うさみたつお

地震学者、東京大学名誉教授。1924年7月15日東京市浅草区(現東京都台東区)生まれ。1949年東京帝国大学理学部地球物理学科卒業。1960年「地下の楕円柱状震源から発生する弾性波」で東大理学博士。1951年中央気象台勤務、52年同地震課、1964年東京大学地震研究所助教授、66年教授、1985年定年退官、名誉教授、信州大学工学部教授。89年退任。2001年勲三等旭日中綬章受勲。専門分野は理論地震学、歴史地震学。

著書

共編著

翻訳