スマートフォン用の表示で見る

宇津木村

地理

宇津木村

うつきむら

東京都宇津木村は、かつて東京都八丈支庁に属し、伊豆諸島八丈小島にあった村。現在は八丈町の一部で、大字として「宇津木」が現存する。

八丈小島のおおむね南東部を村域としていた。

1955年八丈村などと合併して八丈町となった。

1950年10月1日時点の国勢調査人口は66人。

1969年1月から始まった「全島民完全移住」により、現在は八丈小島自体が無人島となっているため、旧村域に在住者はいない。

沿革

1908年10月1日、宇津木村は、島嶼町村制施行対象外となり、名主が1名置かれ、村内の一切の事務が執られる。

1947年5月3日、地方自治法の施行により、八丈小島鳥打村および宇津木村を設置。地方公共団体として執行機関と議決機関を置き、名主制度を廃する。

1951年4月1日、「宇津木村村民総会定例会条例」により、議会を置かず村民総会で審議処理をする*1

1955年4月1日、八丈島にある大賀郷村とともに八丈村へ編入され、村を廃すとともに村民総会を廃した。 同日、八丈村が町制施行し八丈町となる。

*1地方自治法下で町村総会が行われた唯一の地方自治体である