宇津木妙子

スポーツ

宇津木妙子

うつぎたえこ

ソフトボール選手・監督。

右投右打、ポジションは二塁手背番号は主に5番。

1953年生まれ。埼玉県出身。

川島一中からソフトボールを始め、星野女子高校を経て実業団ユニチカ垂井」でプレー。

1974年、世界選手権に出場し、準優勝。

1985年現役引退

1986年、日立高崎女子ソフトボール部(現日立&ルネサス高崎)監督に就任。3年後の1989年には1部昇格を果たす。


1998年、日本代表の監督に就任。

シドニーアテネと2大会の五輪ソフトボール日本代表監督を務めた。


現在は日立&ルネサス高崎総監督