宇田川榕庵 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

宇田川榕菴

うだがわようあん

宇田川榕庵、1798年3月9日(寛政10年1月22日) - 1846年6月22日(弘化3年5月29日))

江戸時代後期の日本の蘭学者。日本ではじめての近代化学を紹介する書となる『舎密開宗』を出版。日本語のまだ存在しなかった学術用語に新しい造語を作って翻訳した。元素用語として、元素酸素水素窒素炭素白金など。化学用語として、飽和?、溶解?還元酸化結晶、消極?と積極?陰極陽極)、分析など。生物学用語として、細胞、属など。これらは宇田川榕菴造語である。