宇野みなと線 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

地理

宇野線

うのせん

路線

岡山駅茶屋町駅間は瀬戸大橋線の一部を構成する。瀬戸大橋線から外れる茶屋町駅宇野駅間は盲腸線のような状態で、ほとんどの列車がこの区間内の折り返しとなっているが、現在も終点宇野駅近くの宇野港からは、四国瀬戸内方面へのフェリーに乗り継ぐことができる。

歴史

1910年6月12日 宇野駅高松駅間に開設された宇高航路(宇高連絡船)への接続路線として開業。

1960年10月1日 電化。

1988年4月10日 瀬戸大橋の開通により、宇野線の使命は連絡船への乗継ぎから瀬戸大橋へのアクセスへと転換した。

駅・接続路線

駅名読み接続路線
岡山駅おかやま山陽新幹線山陽本線津山線吉備線
岡山電気軌道
大元駅おおもと
備前西市駅びぜんにしいち
妹尾駅せのお
備中箕島駅びっちゅうみしま
早島駅はやしま
久々原駅くぐはら
茶屋町駅ちゃやまち本四備讃線
彦崎駅ひこさき
備前片岡駅びぜんかたおか
迫川駅はざかわ
常山駅つねやま
八浜駅はちはま
備前田井駅びぜんたい
宇野駅うの


リスト::鉄道路線