スマートフォン用の表示で見る

羽州街道

地理

羽州街道

うしゅうかいどう

日本の江戸時代東北にあった脇街道の1つ。奥州街道から陸奥国桑折宿で分かれ、小坂峠奥羽山脈金山峠を越えて出羽国に入る。ここから出羽国を縦断し、矢立峠を越えて再び陸奥国に入って、油川宿で奥州街道に合流する街道だった。