羽田澄子

映画

羽田澄子

はだすみこ

ドキュメンタリー映画監督

1926年、旧満州中国東北部大連生まれ。自由学園高等科卒業後、恩師である羽仁説子の紹介で、50年に岩波映画設立とともに入社。羽仁進監督の助監督についた後、57年「村の婦人学級」で監督デビューして以来、90本を超すドキュメンタリーを手がける。

フリーになった翌年の82年に「早池峰の賦」で芸術選奨文部大臣賞。現在は夫の工藤充?が主宰する制作会社「自由工房」で映画を作っている。作品に「痴呆性老人の世界」(86年)、「歌舞伎役者片岡仁左衛門」(93年)などがある。