羽野昌二

音楽

羽野昌二

はのしょうじ

打楽器奏者。1970年代からアヴァンギャルドジャズの演奏を始め、新体道の概念を基礎にした独自のスタイルで知られる。近藤等則阿部薫らと共演。太鼓とドラムスによる即興演奏グループ、ポリプレス・パーカッション・バンドを率いる一方、90年代に初の欧州ツアーを行って以来、積極的に世界各国を巡り国内外のミュージシャンと幅広く活動する。Peter Brotzmann、ヴェルナー・リュディ、ウィリアム・パーカー、Derek Bailey灰野敬二らとの演奏はCD化されている。近年ではサイケデリック・ロック・バンド、High Riseへの参加、同バンドのギタリスト成田宗弘とのデュオ兇悪のインテンション、また河端一津山篤猪武者Dare Devil Band などジャンルを越境した活動をみせている。