スマートフォン用の表示で見る

雨宮処凛

読書

雨宮処凛

あまみやかりん

作家。元一水会活動家。現代社会への問題定義的な著作が複数。

1975年北海道に生まれる。10代の頃にいじめられ、自殺未遂ビジュアル系バンドの追っかけなどの経験をした。

1996年に民族主義に覚醒。活動家に。

”ミニスカ右翼”の異名を取り、街宣活動や執筆活動、「維新赤誠塾」「大日本テロル」のバンド活動を行った。

その後は立場を移し、プレカリアート(非正規雇用者/貧困層等の社会的諸問題)運動の内外で活躍している。精神科医香山リカとの共著も執筆している。

主な著書

雨宮処凛の闘争ダイアリー

雨宮処凛の闘争ダイアリー

DVD

  • 「新しい神様」
新しい神様 [DVD]

新しい神様 [DVD]

CD

  • 「兵隊さんは命がけ!」大日本テロル