スマートフォン用の表示で見る

浦本誉至史

社会

浦本誉至史

うらもとよしふみ

差別研究家。1965年兵庫県被差別部落生まれる。1984年地元の高校を卒業後進学のため東京に移り住み、そのまま現在まで東京都に在住。1989年から部落解放同盟東京都連合会に勤務し、現在は社団法人東京部落解放研究所・研究員。同時に部落解放同盟東京都連合会執行委員(青年対策部長)もつとめる。2003年から2005年にかけておこった「連続・大量差別はがき事件」の被害者の一人で、同事件の代表刑事告訴人である。

著書