営造方式

一般

営造方式

えいぞうほうしき

営造方式』は李誡(李明仲)によって著され、1103年と1145年にに出版された宋代の建築書。建築のあり方を工法を含めて解説しまた国家建築の標準を説いた、技法書にして理論書である。

東アジアにおける建築のあり方をまとめるとともに、その後の同地域の建築に大きな影響を与えた。