東京メトロ07系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

営団07系電車

えいだんれいななけいでんしゃ

帝都高速度交通営団営団地下鉄)の有楽町線の増発用として、1993年平成5年)3月18日より営業運転を開始した鉄道車両電車。2004年(平成16年)4月の民営化にともない、東京地下鉄東京メトロ)に継承された。

同時期に千代田線に導入された営団06系電車とほぼ同型で、IGBT方式によるVVVFインバータ制御方式を採用。

6編成60両が投入された。

副都心線開業に際し、座席配置が異なることが原因でホームドアに対応できないため、乗り入れ対象から外された。2007年の内に、5000系の置き換えも兼ねて全6編成が東西線に移籍した。

リスト::鉄道車両の形式::大手私鉄