映画 ありがとう

映画 ありがとう

日本映画



・ 配給:東映

・ 劇場公開:2006年11月25日

・ ジャンル:



■主なスタッフ

・ 監督:万田邦敏

プロデューサー特撮監督:仙頭武則

・ 原作:平山譲『ありがとう』(講談社文庫刊)

・ 脚本:平山譲・仙頭武則・七字幸久・万田邦敏

撮影監督:渡部眞(JSC)

・ 照明:和田雄二

・ 録音:浦田和治

・ 音楽:長嶌寛幸

・ 美術:清水剛

・ エンディングテーマ:「生きてりゃいいさ」by 河島英五

・ イメージソング:「生きてりゃいいさ」by 加藤登紀子



■主なキャスト

出演:赤井英和 田中好子 薬師丸ひろ子 尾野真千子 前田綾花 光石研 

   尾美としのり 柏原収史 高橋和也 今福将雄

賛同出演:永瀬正敏 正司照枝 豊川悦司 佐野史郎 鶴見辰吾 仲村トオル

     でんでん 里見まさと テント ジョージマン北 島木譲二 桂きん枝

     Mr.オクレ



■あらすじ

1995年1月17日未明、神戸市を突然の激しい揺れが襲った。地響きとともに家々は倒壊し、ビルの壁は崩れ落ち、高速道路はなぎ倒されていった。

 寝室で寝ていた古市忠夫(赤井英和)は、妻・千賀代(田中好子)と二人の娘を避難させ、自分は消防団のヘルメットを被って災害救助にあたる。一変した街の光景。あるはずの建物が押し潰されて形を変え、多くの人々が家屋の下敷きとなっていた。やがて、火の手があがり、生き埋めになった人々を次々に呑み込んでいった。

火は三日三晩燃え続け、忠夫がカメラ店を営む鷹取商店街では995棟が全焼、105名が命を落とした。忠夫の家も全てが焼き尽くされ、跡形も残ってはいなかった。

 忠夫は、街の復興に向けてボランティア活動に取り組む。

「わしら、生かしてもろてんねん。生かしてくれた人に感謝せな。文句言うたらあかん」

 励まし、励まされながら奔走する日々。

 そんなある日、忠夫は自分の車が無事であると知らされる。車のトランクを開けると、忠夫は唖然となった。そこには震災の業火から免れた、無傷のままのゴルフバッグが横たわっていた。

「奇跡や!」

 街が徐々に復興へと向かう中、忠夫は焼け残ったゴルフバッグの衝撃に突き動かされたかのように、ゴルフのプロテストを受けることを決意する。家族と街の人々が見守る中、忠夫の猛練習が始まった。



■関連商品

『ありがとう』



作者:平山譲

出版社/メーカー:講談社

メディア:文庫