スマートフォン用の表示で見る

映像人類学

映画

映像人類学

えいぞうじんるいがく

 文化人類学民族学研究に映画という中立的な記録媒体を応用した学問分野。

 人々の日常生活の映画による記録に基づき研究を進める。

 映画人類学の起源は1930年代バリ島の家族内コミュニケーションの記録に映画を利用した、マーガレット・ミード?グレゴリー・ベイトソンの試みに遡る。

 マルセル・モース?に師事したジャン・ルーシュ映像人類学の概念を普及させた。 

 ルーシュは1945年以来、ニジェールを中心に数多くの記録映画を撮り、ヌーヴェル・ヴァーグ、とりわけジャン=リュック・ゴダールジャック・リヴェットにも影響を与えた。

 また1960年代に流行したシネマ・ヴェリテ(真実映画)の先駆となった「ある夏の記録」(1960)を社会学者エドガール・モランと共同監督した。