栄光なき天才たち

マンガ

栄光なき天才たち

えいこうなきてんさいたち

伝記系マンガ。

タイトルからすると、才能に恵まれながら生前は認められなかった人を取り上げているようなイメージがあるが、実際には割と人物セレクトは幅広い。

初期は一人当たりの分量が少ないが、第五巻(円谷幸吉アベベ・ビキラ)以降はほぼ1巻かけて一つの話をするスタイルに落ち着き、人物のみならず周辺状況を含めて丁寧に描けるようになることで一気に内容的な深みを増す。

実在の人物を扱った作品にありがちな問題点、記述の歴史的正確さや公平さに課題がないわけではない*1が、そもそも「栄光なき天才たち」というタイトル下に個性を描き出すのが作品の本題ではある。

第二期は「新・栄光なき天才たち」と、一応別タイトルとなっている。


単行本


*1:例えば映画監督グリフィスの回では「国民の創生」の具体的な内容にはほとんど触れられてない