栄光への脱出

映画

栄光への脱出

えいこうへのだっしゅつ

(英語: Exodus

1960年のアメリカ映画である。ユナイテッド・アーティスツ配給。監督はウィーン出身のユダヤ人オットー・プレミンジャー、音楽はやはりウィーン出身のユダヤ作曲家アーネスト・ゴールド(Ernest Gold)、脚本はダルトン・トランボ、撮影はサム・リーヴィット(Sam Leavitt)。主題歌の「Exodus」(フェランテ&タイシャー、Ferrante & Teicher)。邦題は「栄光への脱出のテーマ」)もインストゥルメンタル曲としては、大ヒットとなった。1961年ビルボード誌の週間ランキングでは、1月23日に最高位の第2位を獲得。同誌1961年の年間ランキングでは第2位を記録した。