スマートフォン用の表示で見る

永井一正

アート

永井一正

ながいかずまさ

グラフィックデザイナー

1929年4月20日生まれ、大阪府出身。

1951年東京芸術大学彫刻科中退、大和紡績を経て、

1960年日本デザインセンター創立とともに参加。

代表取締役を経て、現在、最高顧問

主な仕事:札幌冬季オリンピックl972、沖縄海洋博1975など国際イベントの公式マークデザインが指名コンペにより正式採用される。諸団体のシンボルマーク、各種企業のCIデサインを多数手がける。

受賞:日宣美会員賞(1966)、朝日広告賞、東京国際版画ビエンナーレ東京国立近代美術館賞(1968)、日本宣伝賞山名賞、毎日デサイン賞(1983)、東京ADC会員賞・会員最高賞(1992)、毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞(1988)、通産大臣デザイン功労者表彰(1995)、亀倉雄策賞(2000)。

海外では第1回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞(1966)はじめ同銀賞・芸術アカデミー名誉賞、ブルノ国際グラフィックデザインビエンナーレ金賞・グランプリ(1988)、第1回モスクワ国際ポスタートリエンナーレグランプリ(1992)、メキシコ国際ポスタービエンナーレ第1位、ヘルシンキザグレブウクライナ、ホンコンの国際展でグランプリ。

紫綬褒章(1989)、勲四等旭日小綬章(1999)。

展覧会:富山県立近代美術館ワルシャワ近代美術館ポスター館、東京国立近代美術館フィルムセンターなどで個展。

作品が東京国立近代美術館京都国立近代美術館富山県立近代美術館姫路市立美術館ニューヨーク近代美術館ドイツ国立抽象美術館などにパーマネントコレクション。

著書:『アートディレクション』(美術出版社)、『永井一正のポスター』(河出書房新社)、『永井一正の世界』(講談社)、『永井一正デザインライフ』(六燿社)。

会員:JAGDA((社)日本グラフィックデザイナー協会理事)、日本デザインコミッティー(理事長)、東京ADC(東京アートディレクターズクラブ)、AGI(L'Alliance Graphique-Internationale(仏))。